ご予約・お問い合わせ TEL 028-664-1366

命がけ?

2013年04月26日

<男には危険を冒してまでも手に入れるべきものがある>

危険な物ってそそられますよね。

猛毒を持っているのに食べてみたいフグ。

繁華街の横道にあるピンクの看板。

鋭いとげをもつ美女。

あとの二つは別として、美味しいもの、貴重なものって、何かしらの危険を冒さないと、手に入らないものがあります。

中華の高級食材<ツバメの巣>は断崖絶壁に作られています。
<フカヒレ>もあのサメと格闘して手に入れる。
まさに命がけ!
でも、食べても見たい!
美味しい!
のであります。
実は、私が発見した危険で美味しいものがあります。
ここで発表してしまいますと、まねをして怪我をする人が出てしまうと思いますので、必ずマネしないと約束してこの後を読んでください。
それは、今が旬の
<ホタルイカ>
です。
あぁ、言ってしまった!
しかし、<ホタルイカ>が危険なわけではないんです。
その調理法!
いいですか、絶対にマネしないで下さいよ。
怪我しますんで。
ふつう、<ホタルイカ>は、新鮮なものは生で、ボイルしてあるものは酢味噌やマリネにして、イタリアンでしたらパスタの具としても大変おいしい食材です。
しかし、私は究極の美味しい調理法を見つけてしまいました。
それは・・・
絶対にマネしないでください!
怪我しますんで!(くどい)
揚げるんです!
言っちゃった!
ボイルホタルイカを180度くらいの油で素揚げです。
なーんだそんなことか!って思うでしょが、どこの料理屋さんに行っても<ホタルイカの姿揚げ>ってメニューを見たことがありません。
そのお味たるや、素揚げされたゲソはカリカリと食感よく、身は香ばい香りを放ち、適度な歯ごたえとうまみを感じ、揚げる最大の利点は、肝(みそ)が濃厚な旨味の塊となって衝撃的な美味しさを演出することです。
生やボイルをはるかに凌駕する<ホタルイカ>の最高の食べ方だと思います。
しかし!この調理法最大の欠点は、危険なんです!
絶対にマネしないで下さいよ!
<ホタルイカ>を揚げると、脂が撥ねるんです!それも半端じゃないくらい!
爆発です!まさに<ホタルイカ爆弾>です。
危険を冒して油に3匹くらい入れますと、もうガスコンロや壁にまでアツアツの油が撥ねるんです。
恐るべき破壊力!
でも、ものすごく美味しい。
わたくし、<ホタルイカ>を仕入れるといつも葛藤するのです。
揚げて食べたい!でも火傷は怖い。
ってことで、どこかのお店で出していただければすぐ行きます。
生ビールもいいですが、冷えた純米吟醸酒なんかをいただきますと、もう止まんねーって感じです。
でも、くれぐれもご家庭ではマネしないで下さいよ。
本当に火傷しますんで。

お預けかよ

2013年04月23日

先日のお休みは、久しぶりに一人でお出かけ。
愛車のクロスバイクにまたがり、あてもないまま出かけました。

いつものように、本屋・電気屋のはしごをておりますと、お腹がすいてまいりました。
すると、なんという偶然でしょう!
先日、お友達に紹介していただきましたお寿司屋さんの前にいるではないですか!

入口が開いており、暖簾もかかっております。
中にお客様はいらっしゃらないおようですが、思い切って入ってみました。

「こんにちは。」
と誰もいません。すると奥から
「はい、いらっしゃいませ。あ、この前はどうもありがとうございました。」
と、元気な店主が顔をだします。
「お昼やっているんですか?大丈夫ですか。」
と私。
「はい。まあ、やっているような・・・」
と店主。
すると、奥からお母さんが顔を出しまして、
「何言ってんの!もうこんなだから!」
と元気な声。

ううん、いいぞ。こう言うやり取り。あったかいっていうか、ほっととするっていうか。

「うちは、お昼って言ってもランチとかないんですよ。」
と店主。
「いいですよ。適当にお任せで。」
と私。
なんかかっこいい!お任せって!

で、朝市場で仕入れた新鮮なネタを少しづつ握ってもらいました。
同業者ということで、ざっくばらんな話をしておりますと、店主が
「ウナギのシンコって知ってます?」
と私に問います。
「シンコってコハダの子供のこと?」
と私。
「そうですよね、シンコっていえばコハダなんですが、ウナギにもシンコがいるんですよ。それが、この時期しか入らなくて、この前知り合いのウナギ屋さんで食べさてもらったんですけど、脂ものっていて、そりぁ美味しかったんですよ。」
と、店主が満面の笑みをたたえながら話します。
すると、カウンターの奥のほうから何やら香ばしいいい香りがするじゃないですか。
店主が奥に入り、出てまいりますと、手には香ばしく焼けた魚のようなものの握りが一貫。
「はい。どうぞ。」
なんとそれは、ウナギのお寿司です。
すぐさま、手に取りまして、その甘いたれのかかった、ふわっとやわらかい身の、ところどころ香ばしい焼き目についた、その神々しいまでに黄金色をした物体を口に放り込みます。
なんという美味しさ!
「これって、さっき話していた・・・」
「そうですよね。話の流れから言ったら、ウナギのシンコを出すってとこですよね。それ、普通のウナギです。」
ガーン!!
てっきり幻のウナギだと思ったのに。
でも、とっても美味しかったよ。

飴鞭

2013年04月16日

最近BARACCAにいらっしゃった方ならお気づきかもしれませんが、私とマネージャー以外は皆新人です。
それも、男ばっかり!
女子の反応もなかなかよく、私にはわかりませんがみんなイケメンだと言う噂です。(もちろん私も含めて・・・)
その中の最年少竜君。宇都宮大学に入りたて、ピッカピッカの一年生です。(古っ!)
彼は飲食の仕事は初めて。
にもかかわらず、忙しい週末メインに働いております。
慣れない仕事と、先輩からのプレッシャー。仕事が終わると疲れ果ててぐったりとしている様子が痛々しい。
しかし、仕事が終わっての賄いタイムになりますと、さっきまでの疲労が忘れたかのようにうれしそうな顔になります。
日頃一人暮らしでろくなものを食べていないらしく、賄いのパスタが涙がでるほどうまいそうです。
そうなんだよ。飲食の仕事って、営業中は辛くても、賄いですべてチャラになるんだよ。
昔の自分を思い出しました。

機種変

2013年04月11日

わたくし、こう見えましても新しい物好きで、新鮮な情報は食材と同じくらい敏感に反応いたします。
こんなわたくしですが、携帯電話は2年使ったシャープ製のスマートフォン。
最近、とっても動作が遅くなり、致命的なことに、電話が鳴っても出られないことが頻繁に起こります。
これでは電話じゃないじゃん!
ってことで、文句を言おうと携帯ショップに!
平日ということもあり、お客様もまばら。
すぐのご案内です。
さっそく電話に出られないと文句を言おうとしたその時!
隣の年輩サラリーマンの男性が
「ちょっと、この電話かかってきても出られないんだよ!困るんだよ!仕事で使ってんだよ!」
とすごい剣幕で大声で話しております。
それを見ていた私。
おんなじだ!
ああいうのやめよ。
ちょっと恥ずかしいし。
ってことで、穏便に動作が遅い、電話に出られないこともある。
とお話ししましたところ。
「初期のスマートフォンはこうなってしまうんですよ。」
という答え。
まだ2年だよ!と思いつつも、仕方なく機種変。
わたくし、新しいもの好きなので、もちろん最新機種を選択。
だって、毎月の支払い料金も今までと変わらないんだもん。
いろいろな書類にサインし、長々と時間をかけ、ようやく新携帯をゲット!
さっそく持ち帰りまして、いろいろと使っておりますと、妻が気づきまして
「携帯変えたんだ!おっきいじゃん!」
「そうなんだよ。画面も大きくて見やすいし、早いし、字も大きくなって使いやすいよ」
と私。
するとボソッと妻がつぶやきました。
「老人むけね。」
・・・・。