ご予約・お問い合わせ TEL 028-664-1366

スペシャルローリングサンダーァァァァ!練習したっけ。

2013年09月28日

たびたび登場するアルバイトの竜君。
高校時代はボクシングをやっていた硬派な一面を持っております。
こう見えましても、わたくし小さな頃からボクシング好き。
入学した高校にボクシング部がなかったことと、鼻血が出やすい体質じゃなかったら、絶対にやっていました。
具志堅の試合は欠かさずみておりましたし、今でもボクシング中継は見られる時は欠かさずみます。
そんな私ですから、ボクシング経験者にはいろいろ聞いて見たくなっちゃうわけです。
『ねえねえ、やっぱ〈あしたのジョー〉とかよむよねぇ。』とワタシ。
『いいえ、読んだことないんですよ』と竜君。
『そっか、ちょっと古いか。じゃあ、〈はじめの一歩〉は読んでるよねぇ。デンプシーロール打てる?』とわたし。
『いえいえ、読んだことないっすよ』と竜。
少しイライラしてワタシ。
『マジで!だって元ボクサーでしょ?一歩読まないの?じゃあ〈のぞみウィッチィズ〉は?』
『それってボクシングですか?っていうか漫画詳しいっすね。あんまり読まないんで』と竜。
残念です。せっかくボクシング経験者だから話が合うと思ったのに。

というよりも、ボクシング漫画の話がしたいいだけじゃん。
ボクシング漫画好きのスタッフいないかなぁ〜
まだまだ話したい漫画がたくさんあるのに〈がんばれ元気〉に、名作〈リングにかけろ〉と。

浦島?

2013年09月27日

本当に料理人て世の中の流れから外れてるなぁって思います。
先日も、スタッフの福ちゃんが、大学生の竜君にこんな質問をしてました。
『そういえば、10倍返しって何のこと?』と福ちゃん。
『えええぇ!知らないんですか!視聴率40%のドラマですよ!』と竜君。
『知らないよ。見たことないし』と福ちゃん。
そこへ物知りの私が解説を
『本当に君たちなにも知らないんだね。今はやりのドラマだよ。あまちゃん。有名なセルフが〈じぇじぇじぇーばいがえしだー〉だよ。』
『それ、混ざっちゃってますよ』と竜君。
ううん、実はドラマ見ないし、っていうかテレビって深夜番組しか見ないもんね。
世の中の流れに乗れてないって実感しました。

サプライズ

2013年09月19日

今週はかなり遅いお盆休みをいただきました。
と言っても、2連休。
何の予定もなく、自宅でゆっくり体を休めて、髪の毛を切って、映画でも見に行こうかなぁ~なんて考えておりました。
しかし、妻(マネージャー)から数日前から強い口調で
「連休は絶対に予定入れないでよ!絶対だからね!」
という命令。
仕方なく歯医者の予約もずらし、ノープランのままその身を預けることに。
そして、連休初日です。
朝早くから起こされ、どこかに連れて行かれる様子。
「今日は日光に行きます。」と妻。
「ええ?この前家族みんなで言ったばかりじゃん?」と私。
「東照宮にお参りに行くの。さあさあ。」とけしかけられる私。
お出かけということで一張羅に着替え、私の車に乗り込みますと、
「今日は私が運転!」と妻の車で出発です。
これは、何も考えずお任せしよう。
きっと楽しいデートを考えているんだろう。
と助手席でリラックスです。
「じゃあ、どこかでお昼を食べてっと、何がいい?」と妻。
「決めてないの?っていうか、まだお腹すかないし」と私。
「じゃあ、この前お客様に勧められたイタリア大使の別荘に行ってみる」と数日前に教えてもらった日光の観光スポットへ行くことに。
久しぶりにいろは坂をのぼり、明智平で記念写真を撮り、中禅寺湖畔のイタリア大使別荘に到着。
別荘って思ってましたが、そこはまさに理想の避暑地のあり方。
言葉では説明できませんが、一見の価値ありです。
日光にこんなに素晴らしいスポットがあるとは知りませんでした。
そこからの帰り道で、
「将来、ここに別荘を建てる!」
と妻に誓う私。
しかし、その30分後には現実を考え、諦める私。
まぁ、それほど素晴らしい場所ってことです。
で、お腹もすいてきたのでいろは坂を降り、日光出身のタケちゃんおすすめのお蕎麦屋でお昼をいただきました。
その後、東照宮の前まで行き、入場料が高いのでスルーして、二荒山神社でお参りし、明治の館で濃厚なプリンをいただき、杉並木を家路へ。
っと思いきや、家路を走る車をいきなり左折し、
「はーい!今日のお宿です!」と妻
「・・・???」と唖然とする私。
そこは、栃木に帰ってきて結婚10周年で泊まった思い出の宿。
「え?ここに泊まるの?子供たちは?」
話を聞きますと、数週間前から私に内緒で計画を立てていたようで、今日は子供たちだけで夕飯を作り、洗濯し、明日の朝はお弁当を作り学校へ行くと決めていたそうです。
本当に、いつも母親がいないと何もできないと思っていた子供たちが、成長したものです。
夕食時には私の大好きなワインを妻が用意してくれまして、
「乾杯!お誕生日おめでとう!」
そうか!私の誕生日のお祝いだったんだね。
みんなありがとう。最高のプレゼントをいただきました。

本日を持ちまして

2013年09月08日

思い出します10年前のこと。
ランチをオープンして、本当にお客様がくるかどうか不安でした。
今でも、予約が入ってないと、お客様が一人も来ないんじゃないかと不安です。
そんな不安と戦いながら毎日やってきて、あっと言う間に10年です。
10年前のオープン当時の写真をみて見ますと、わたくしまだ若い!
当時37歳ですが、二十代の頃と変わらぬ風貌。
それが、たった10年で劇的に変化を成し遂げてます。
サナギマンからイナズマンになったくらい。(例えが古い)
もっとわかりやすく言えば、幼少期の悟空がスーパーサイヤ人になったくらいの変化です。(悟空は戦闘力は上がってますが私は明らかに落ちてます)
先日スタジオジブリの宮崎駿監督が引退を表明しましたが、会見で「以前のような仕事が出来なくなった」
と述べておりましたが、それは私も感じます。
体力は明らかに落ちているとおもいます。
でも、まだまだ仕事の情熱は覚めておりません。
もっと美味しい料理を作りたいと思ってますし、もっと沢山の人に食べてもらいたい。
そして、もっていろんな人と出会いたい。
また、料理人という仕事の魅力を若い人に伝えたい。
そんな気持ちを持ち続けています。
あと何年仕事ができるか分かりませんが、体が動くうちは厨房に立ち続け、鍋を振りたいと思います。
今まで来店くださったすべてのお客様に感謝いたします。
そして、オープンから一緒に働いてくれたスタッフみんなに感謝して、また今日から頑張って行こうと心に誓うのでありました。

アニバーサリー

2013年09月06日

今朝目が覚めますと、妻がベランダで洗濯物を干しております。
そこへわたくし声をかけます。
『おはよう。そして、結婚記念日おめでとう。これからもよろしくね。』
『あぁ、そうだったね。忘れてた。はい、これからもよろしく。』と妻。
『来年は盛大にお祝いしようね。では以上!』
という結婚19年目の朝でした。

そして一年

2013年09月05日

思い出します一年前。
この時期は本当にバタバタしてました。
何とか一年です。
県庁横の<La Bancarella>
自分がお店に出ずに運営することのむずかしさを、この一年で学びました。
スタッフの入れ替えがあったりとか、よい話、よくない話、BARACCAを営業しながら、対応して来ました。
二か月前からマネージャー(妻)がサービスに入り、ヒロチャンがシェフとして料理を作りトスカーナ帰りのタケちゃんが雰囲気を盛り上げ、料理も充実し、雰囲気も明るくなってきました。
一年たって再スタートです。
珍しい手打ちパスタや飾り気のない素朴な煮込み。
そんな料理に合うワイン。
自分が行きたいお店になってきました。
ぜひ、一度足を運んでください。
ゆっくりとテーブル席で食事もよいですし、カウンターで調理しているところを見ながらも楽しいです。
キッチン二人との話も盛り上がります。
タケちゃんの話が盛り上がり過ぎて、止まらなくらったら、ごめんなさい。

歴史

2013年09月04日

本日ランチにいらっしゃったお客様。
お母さんと一緒にランチを食べていた高校生だったのに、卒業したのかと思ったら、彼女とくるようになり、この前その彼女のお腹が大きいなぁ〜と思っていたら、なんと今日赤ちゃんを連れてお食事に来てくれました。
いや〜歴史をかんじましたよ。
流石にBARACCAも10年もやってますと、付き合っていたカップルが結婚し、子供を連れて食べにきてくれる。そんなお店になりました。
ありがたいです。
そのうち、うちの子も彼女を連れてやってくるのでしょうか?
まぁ、彼女ならOKです。
でも、彼氏は許せません!

メンテ

2013年09月03日

昨日は定休日でしたが、私出勤しておりました。
と言いましても、営業ではなくお店のメンテナンス工事の立会。
やはり10年も経ちますと、いろいろなところに支障が出てきます。
昨日は水回りの器具を新調し、排水溝の清掃も。
こまめに掃除はしてますが、汚れは出てきます。
わたくし、その光景をみて「はたっ!」と気が付きました。
<人の体といっしょだな>
って。
人間、年齢とともに体にいろいろな支障をきたすものです。
日頃の管理と節制で、長年使えるようにするものかなぁ~と思うわけです。
でも、しっかり管理してましても、見えないところに、いろいろなものが溜まってくるんですね。
今回お店のメンテナンスをしてみて、私のメンテナンスもしなくてはを感じました。
いろんなものが出てきそうで怖いです・・・

感謝

2013年09月01日

久しぶりのスタッフトークです。
なんと、今月9月8日でBARACCAは10年になります。
早いものです。あっという間でした。
あの頃小学校に入りたての長男は今や高校生。
あの頃ふさふさだった・・・・今や・・・・。
ということで、10年です。
今までご来店いただきましたお客様皆様に感謝です。
そして、オープンから一緒に働いてくれたスタッフたちにも感謝の気持ちでいっぱいです。
そして、一番近くで支えてくれたマネージャー(妻)。
時には喧嘩し、時には喧嘩し、時には喧嘩し、お互いに感情をぶつけることが出来る唯一の存在だけど、一番信頼し合える関係です。
本当に10年間ありがとう。
そして、これからもよろしくお願いします。
皆様、まだまだ通過点です。
これからも日々精進してまいりますの、変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願いします。