ご予約・お問い合わせ TEL 028-664-1366

妻一筋

2016年04月27日

先日のお休みのことです。
 
都内で働く息子の住むところを見つけるために、一緒に不動産周りのため上京。
数件回って、もっと見たいという息子は、上野の親戚のところに泊まって、次の日も一人で不動産周りをするという。
なかなか、逞しくなったもんだ!っと息子の成長を喜ぶ父。
ここは、あまり干渉せずに、彼に任せようと、父は家路につくことに。
 
で、夕方の電車です。
家に帰る方々でホームは混雑しております。
久しぶりに都会を歩き回って疲れたわたし。
せっかくのお休みの日を、頑張って息子のために行動したご褒美にと、グリーン車両で帰ることに。
運よく始発の電車でしたので、並んでいても座れると確信して列に並びます。
案の定、二人掛けのシートの窓側をゲット!隣には乗ってきません。
これは、ゆっくり気兼ねなく帰れるな~
っと思いきや、二つ目の駅からかなり混んできまして、グリーンといえどもほぼ満席。
当然私の隣にも乗客がお座りになりました。
私より少し年配の女性。
せっかく、スマホのゲームや漫画を読もうと思ってたのに、ちょっと気まずい。
いい大人がスマホをいじって、ゲームや漫画って、わたくし的には見られることに抵抗を感じます。
きっと、手前の駅で降りてくれると信じ、寝ることに。
しかし、どういうことでしょう!隣の女性、まったく降りる気配なし。
終点まであと数駅のところで周りを見渡しますと、その車両の天井の電気が緑についているのは私たちの席だけ。
それも並んで。
や、やば!
こんなこと、だれか知り合いに見られたら、間違いなく誤解される!
今流行りの
「宇都宮のイタリア料理店のオーナー不倫疑惑!!」
的な。
と、そんな心配をよそに、だれにも会うことなく駅に着き、うちに帰りました。
でも、なんか疲れた。 

 

リニューアル

2016年04月23日

最近ですが、私たちにエプロンが変わりました。
ってどうでもいい話なんですが、着けている方は意外と、新しいものを着ていて、気分がいいものです。
仕事にやる気も出るってもんです。
 
で、うちのマネージャー(妻)もイメチェンしてます。
セミロングだった髪をショートにしてパーマをかけました。
わたくし、何を隠そう、ショートヘアーが好きなんであります。
なんか、元気そうにみえていいじゃないですか!ねえ!
しかし、美容院から帰ってきたときのマネージャー(妻)は、何やら不機嫌そう。
「どう、パーマかけたんだけど、どう、どう?」
わたくし、最大級の賛辞の言葉をかけます。
「いいんじゃない。」
すると
「なんか変じゃない?おばさんパーマみたいで」
と納得していない様子。
これは、緊急事態!不機嫌そうな気配。それを察知しまして、
「そんなことないよう。素敵だよう。ちび〇このお母さんみたいで・・・」
し、しまった、つい口がすべった!
そのあと、自虐的に、会う人会う人に、ちび〇この母と言うマネージャー(妻)に姿が。
 

旅立つ子たちに

2016年04月22日

早いものでもう4月も半ば過ぎ。
日中は汗ばむほどに暖かくなってきました。
 
少し前の、私の友達のSNSには、進学や就職のために子供たちが家を離れる写真を多く見受けました。
うちの長男も、家を出て都内で働くと言っております。
子供たちには
「高校を卒業したら家を出て、自分で暮らすんだよ。」
と言ってきました。
自分がそうでしたし、家を離れて初めて親のありがたさを知ることが出来ると思います。
また、親離れ、子離れするには、一緒に暮らしていては難しいでしょう。
将来、必ず自分たちで生活して今なくてはならないのですから、私は当然だと思ってました。
 
最近は、子供たちもしっかりと自立するようになり、親や家族よりも友達やアルバイトを優先するように。
そうなりますと、親離れが子離れを追い越すことに、なんとも言えない気分になります。
 
思えば自分もそうでした。
高校を卒業して、当たり前のように家を出て大阪の学校に。
何でも自分で決めてやってきたと思ってましたが、今思えば、父が一緒に来てアパートを探してくれたり、高い入学金や授業料を払ってくれたり、食べるのに困らないように食品を送ってくれたりと。
その時は当たり前だと思ってましたが、今、自分が父親になってみますと、その大変さがよくわかります。
 
もっと、その時に感謝の言葉を言っておけばよかったと。
 
うちの子たちもの、親元を離れ、しっかりと自分で生活し、いつの日か家族を持って子育てし、今の親の心境をわかってくれる時が来ればいいなっ、て思います。